クラミジア検査の色々な方法

クラミジアは感染しても症状に気づかないことが多く、自分が感染していることを知らないままどんどん人へうつしてしまうのです。そのため、今この日本で最も感染者数の多い性病は、クラミジア感染症です。あなたもクラミジア検査は受けた方がいいですよ。

クラミジア検査と腰の蕁麻疹について

腰に蕁麻疹ができて、痛みを伴っている場合は、帯状疱疹の可能性が高いので、クラミジア検査のときに他の性病に関しても検査を行っておく必要があります。性器ヘルペスは肛門の周辺に水泡ができて、強い痛みがあるので椅子に座ることができなくなります。ヘルペスウイルスは人間の体に存在しているウイルスなのですが、肉体疲労などで免疫力が低下していると症状が出やすくなります。痛みが非常に強いので、皮膚科などを受診して専用の薬や痛み止めを服用しなければなりませんが、体力が低下した状態の場合は、症状が長引くので、十分な休養をとらなければなりません。クラミジアは細菌感染症なので、抗生物質を服用すれば完治しますが、ヘルペスウイルスは繁殖を抑えることができますが、体内のウイルスを全て死滅させることはできないので、再発を防ぐための薬を投与するなどして、ヘルペスウイルスの活動を抑えます。性器ヘルペスは基本的には性病として扱われますが、帯状疱疹や口唇ヘルペスはセックスをしていなくても症状がでるので、性病として扱われていません。しかし妊婦が口唇ヘルペスになると胎児に悪い影響が及んでしまうので、パートナーとともに治療をして、再発を繰り返さないようにする必要があります。クラミジア検査は血液中の抗体を調べて、感染の有無を判断するのですが、抗生物質を服用しても抗体がなくならないことがあるので、治療開始から2週間後にもう一度検査を行う必要があります。また耐性菌が増えているので、従来の抗生物質が効かないことも考えられるので、自分で判断をせずに、性病科などで完治するまで治療を行うことが大切です。クラミジアや性器ヘルペスは粘膜の接触で感染するのですが、セックスだけが原因とは限りません。