クラミジア検査の色々な方法

クラミジアは感染しても症状に気づかないことが多く、自分が感染していることを知らないままどんどん人へうつしてしまうのです。そのため、今この日本で最も感染者数の多い性病は、クラミジア感染症です。あなたもクラミジア検査は受けた方がいいですよ。

クラミジア検査は相手と病院へ行こう

クラミジアはとても恐ろしい病気です。
クラミジアとは、性行為からうつる病気で性感染症の中でも最も多い症状です。
特に10代や20代前半の若い女性に多くなってきています。
患者数が多い原因は、自覚症状がないために知らず知らずのうちに相手にうつしてしまっているからです。
男性で50%、女性で80%が無症状だと言われています。
クラミジアに感染すると、女性の場合はおりものの量が増えるのですが、痛みがないため気づかないことが多いです。
男性の場合は排尿痛や膿が出ることもあります。
クラミジアの怖いところは、症状に気づかずに放置してしまうことが多いため感染が体内に広がってしまって、子宮内膜症や卵管炎を引き起こしてしまう恐れがあるのです。
その結果、将来的に子宮外妊娠や不妊症の原因になってしまいます。
最近、クラミジアの患者数が増えている理由に、オーラルセックスがあります。
口の粘膜は柔らかいのでクラミジアが感染しやすく、知らないうちにうつしてしまっているのです。
クラミジア検査を受けるときには、相手と一緒に病院に行きましょう。
どちらかが感染していたら、完治していなかったらうつしてしまうからです。
受診する科は泌尿器科か婦人科がいいでしょう。
検査内容は、女性はおりもの検査や採血、採尿などです。
男性は採血と採尿が行なわれることが多いです。
病院に行くのに抵抗があったり、パートナーが一緒に行ってくれない場合は、自宅で検査をすることができる検査キットがありますので、それを利用するのもいいでしょう。
クラミジアは早期発見、早期治療が一番ですので、積極的に検診を受けるようにしましょう。
将来後悔しないためにも、検査を受けることをおすすめします。