クラミジア検査の色々な方法

クラミジアは感染しても症状に気づかないことが多く、自分が感染していることを知らないままどんどん人へうつしてしまうのです。そのため、今この日本で最も感染者数の多い性病は、クラミジア感染症です。あなたもクラミジア検査は受けた方がいいですよ。

クラミジア検査期間中のパートナーへの接し方

性感染症は性交によって感染する病気全般を指しますが、その中でもかなりの感染者数がいるのがクラミジアです。
原因菌は粘膜を介して感染します。
男性の場合はペニスの尿道内、女性の場合は膣内の粘膜にいます。
また、オーラルセックスで咽頭に感染する場合もあります。
日常の生活では感染することはありません。
潜伏期間は1週間から3週間と言われていますが、自覚症状がないため注意が必要です。

初期は特に生活に支障が出るようなことはありません。
ただし進行して体内の奥まで感染した場合には、男性なら前立腺炎や尿道炎などになり、女性なら子宮外妊娠や不妊症のリスクが高まります。
咽頭の場合は、リンパ節に影響を及ぼす場合があります。

感染の有無はクラミジア検査で行います。
webで購入して自宅で自分で行うことができるので、恥ずかしくて医療機関に行けない場合でも大丈夫です。
男性の場合は採尿、女性の場合は膣内の粘膜を採取して送付します。
咽頭の場合はうがいの要領で粘膜を採取します。
送付してから2から3日で結果がweb上で確認できます。
もしパートナーがクラミジアに感染しているかもしれない場合は、まずは検査をお願いしましょう。
結果が出るまでの接し方として、日常生活は特に問題ありません。
どうしてもセックスがしたい場合には、ディープキスは避けた方がいいでしょう。
またコンドームを使って直接粘液が接触しなようにする必要があります。
感染がわかった場合には、男性なら泌尿器科や性病科、女性なら婦人科に行って抗生物質などの服用で治療します。
早めに治療すれば特に影響の少ない病気ですが性交による感染力が強いため、パートナーに感染させないよう気をつけましょう。